洋ランの育て方,と肥料

寒さに弱く温度が必要な種類

胡蝶蘭,デンファレ,等
050421 006

寒さに強く夏の暑さに弱い種類

オドント系,ミルトニア,その交配種等
画像の説明

凍らない程度の寒さに会わないと花を付けない種類

ノビル系デンドロ等
画像の説明
細かく分類すると育て方が難しくなります.温室を持っていない方がほとんどだと思いますので経験にもとずいた家の中での簡単な育て方をお教えします。

基本的には夏と冬の対策です。

夏の対策

暑さに弱い種類は.風通しの良い木陰など涼しい場所を選んで置くようにしましょう。直射日光は厳禁です.すぐに日焼けをおこします。雨はあたっても大丈夫かえって良くなります。

水やりは乾いたらやる。
殆んどの種類.夏対策はこれで十分です。

冬の対策

寒さに弱い種類は9月中下旬には部屋の中に入れてください。
どんな種類も霜に当てるのは厳禁です。

ノビル系のデンドロは花芽を付けるには.霜が降る頃まで外においてください(霜に当てないように)。
どんな種類でも寒くなるほど水を控えてくださいこれがコツです。

寒さに弱い種類ほど水を控えること
暖かい部屋で越冬させてください。

注意すること

肥料は長く少しずつ効く肥料を選んでください.やりすぎよりヤラナイほうがよいです.できれば液肥を上手につかいましょう。

洋蘭ガイドです

洋蘭資材ガイド

暖房器具の近くは避けてください.乾燥しすぎます。
窓際は夜.予想以上に冷えます得に低音注意報のとき気をつけて下さい。

冬はみずやり半月控えても.枯れることはめったに有りません。冬の水のかけすぎでの失敗が一番多いようです.カケ過ぎよりカケナイほうがよいです。

シンビジュームの育て方

他の洋ランとは違います。
次年度に咲かすなら.花が傷み始めたら早めに切ってください。

水やり 

冬を除いて毎日たっぷりやって下さい.真夏は朝夕2回やりましょう。夏は直射日光は避けて.木陰においてください。
冬は乾いたら水をやってください。

肥料は 

洋ラン専用の長く効く肥料を選んでください.肥料切れをおこさないようにしましょう。

春新しい芽が出てきます.強そうなしっかりした芽を.1バルブ(終わった花の付いていた株)に1芽. を二芽ほど残してあとはキレイニ根元からカキトッテください(これが大事です)

以上の事を守って育ててください。

a:1570 t:3 y:3